メニュー 閉じる

公務員試験の予備校はいつから通うかは1年以上前が良い理由

そして、 公務員試験に出てくる科目の数は20~30といったかなりの広範囲の試験科目になってきます。

大学のセンター試験にの例えば数学や科学、国語といったような科目が30個あると思ってもらえれば分かりやすいかもしれません。

これを聞いた時にいやいや無理でしょと思う人も数多くいるのではないでしょうか。

確かに全部完璧にしようと思うととてもじゃないですがやってられません。そこでテクニックとしては捨て科目を作ったり、 効率よく勉強することで最低限必要な点数を確保するという公務員試験独特の対策をする必要があります。

こうした対策を教えてくれるのが予備校であり通信講座なわけです。独学でやっていてはこんなのをとても合格するような量ではありません。

ただでさえ一年半も前から勉強しなくちゃいけないのに、独学を選んだばっかりにやり方が間違っていたり効率が悪かったりして遠回りをしていたらいつまでたっても公務員試験に合格することはできませんよ。

以上のことから、少なくとも1年半前から情報収集を始めたり勉強に着手するということが僕のお勧めというわけです。

そしてその時には独学ではなくプロが教えてくれる方法で学習を進めていった方がより確実に公務員になることができるでしょう。

資格★合格クレアール

→ 当ブログおすすめ!クレアールのパンフレットを無料で取り寄せるにはこちら