メニュー 閉じる

公務員試験の予備校はいつから通えばいい?

公務員試験の予備校にいつから通えばいいのか悩んでいる人も数多くいるのではないでしょうか。

この記事では公務員試験を受けようとしている大学生に対して一から勉強を始めたりいつから予備校に通えばいいのかということに回答していきたいと思います。

まず僕の経験からお話しいたします。僕は大学時代に3年生の春から公務員試験対策を始めました。予備校については通信講座を利用しています。

大学のゼミや講義を受講しながら、単位をちゃんととっていて卒業する条件はしっかり満たしながらの試験対策です。

通信講座は自分の好きなように時間を使えますので通学講座のようにわざわざ予備校に通うという面倒なことをしなくてもいいのがメリットですね。

僕の場合バイトをしながら大学にも言ってそして公務員試験の勉強もしていましたが、通信講座をうまく使うことで全てを両立することができました。

そんな僕がオススメしているのはクレアールですが、クレアールのメリットについては他の記事を参考していただければと思います。

公務員試験の通信講座ランキング!元公務員が選ぶ通信講座

次に公務員試験の予備校にいつから通えばいいのかということですが、僕の例を参考にするのであれば、公務員試験がある日から数えて1年半くらい前に通い始めるのがもっとも確実だと言えるでしょう。

公務員試験の試験範囲はかなり広いことで有名です。

正直な話全部が全部完璧にしようと思っても、とても間に合うような範囲ではありません。

それほど広い試験範囲なので少しでも早く勉強を始めるのは公務員試験に合格するための大事なポイントです。

中には、少し遅めに試験対策を始めたけれど一発で合格したぜ!何ていう人もネットではいるようですが、その人はもともとすごく頭がいいか、1回勉強すれば完璧に覚えてしまうような記憶力の良さを持ったような人だと僕は思っています。

僕はそんなに記憶力が良い方ではなかったので、少なくとも3回は繰り返し勉強する必要がありました。

残念なことに、一度勉強したとしても1ヶ月や2ヶ月もすればやったことを忘れてしまうもんなんですよね。

この記憶を定着させるためには繰り返し勉強する事がどうしても必要になってきます。

 

→ 元公務員が選ぶ!おすすめ通信講座はこちら

公務員試験の通信講座ランキング!元公務員が選ぶ通信講座