メニュー 閉じる

公務員試験で通信講座が向かないのは自分を信じれない人

公務員試験の通信講座に向かない人は、自分が選んだ予備校を信じきることができない人です。

公務員試験の予備校の通信講座は一人で勉強していくものです。

つまり最後まで自分が選んだ通信講座を信じて勉強をし続けなければいけないということです。

勉強を進めていく中で、他の予備校の方が良かったんじゃないかとか、他の通信講座の教材はもっと分かりやすかったりするのかななんていう不安が襲ってくることもあるかもしれません。

しかし、 いちいちこうした不安と戦っていては大量な公務員試験の範囲の勉強を終えることはとてもできません。

どの予備校や通信講座であっても実績として公務員試験に合格した人はたくさんいます。

一時的に理解できない問題があったとしても、 それを通信講座の教材のせいにするのはひとまず後回しにしましょう。

分からない問題は後回しにして分かるところをどんどん進めていく方が効率的ですよ。

そして基礎をしっかり再度勉強し直した後にわからなかった問題に戻って再度チャレンジしてみると意外と解けたりするなんて事もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です